あなたの睡眠効率を本質的短眠メソッド

あなたの睡眠効率を本質的短眠メソッド

あなたの睡眠効率を本質的短眠メソッド

改めて言うまでもない事ですが、人間にとって
睡眠は非常に重要です。
が、多くの人は睡眠の重要性を知っていながら
「如何に効率的に睡眠をとるか?」については
考えていない場合が多いと思います。

 

あなたの睡眠効率を本質的短眠メソッド

 

何も考えずに寝るだけでも睡眠欲は満たされますが、
やはりただ寝るだけでは効率は良くありません。
「いくら寝ても寝た気がしない」
「長時間寝たのに疲れが取れない」
あなたがもし、現在こういった状況に陥って
いるのであれば、これからお話しするどれかの
要素が欠けている可能性が高いです。
また、効率的な睡眠をとることができれば
脳の機能を最大限に活用する事も可能です。

 

あなたの睡眠効率を本質的短眠メソッド

 

つまりあなた自身のパフォーマンスを
最大限に発揮する事ができるのです。
そのため、成功者などの「脳の重要性」や
「睡眠の重要性」を深く理解している人は『睡眠』
そのものにもかなり気を遣っています。
さらには効率的な睡眠をとることができれば
長時間の睡眠を必要としなくなります。
つまりショートスリーパーになる事ができる、
ということです。

 

あなたの睡眠効率を本質的短眠メソッド

 

現実に、1日11時間も眠っていたロングスリーパーの
人間が4時間半睡眠程度で毎日を過ごせるようになった
という例も現実にあります。
そういった意味からも、是非参考にして
頂ければ幸いです。

睡眠の3要素

睡眠で重要な要素は3つあると
私は考えています。

 

1. 肉体的要因
2. 環境的要因
3. 精神的要因

 

…と言うとややこしく思えて来てめんどくさく
なってくると思いますが、これらは単純な話です。

 

1. 適度に体は疲れているか?
2. 眠れる環境は整っているか?
3. 精神的な充足感は得られているか?

 

というお話です。
もちろん3つの要素全てが完全に整っているが
理想的ですが、それはなかなか難しいと思います。

 

あなたの睡眠効率を本質的短眠メソッド

 

まずは肉体的要因に注目するのが一番簡単だと
思いますので、これから順に説明していきます。

肉体的要因

効率的な睡眠をとるためには
適度な『疲労』が必要です。
少し想像してみて欲しいのですが、全く体が
疲れて居なくて、気力が十分でやりたい事も
いくらでもある…
そんな状態で布団やベッドにもぐりこんで、
すぐに眠りに就く事はできるでしょうか?
恐らく多くの方は難しいのではないかと思います。
頑張れば眠れる可能性はありますが、
寝てもすぐに目が覚めてしまうと思います。
そこでまず最も重視してもらいたいのは、
『脳と体をバランス良く疲れさせる』
という点です。
頭だけが疲れていてもダメですし、
体だけが疲れていてもダメです。
この内のどちらかだけが疲れているとそれだけで

睡眠は浅くなり、寝てもうまく疲れがとれません。
結果、寝起きに体がダルくなって日中に
パフォーマンスを最大限に発揮できなくなる
わけです。
肉体だけが疲れていたら寝る時に色々考えてしまって
眠れなくなり、精神だけが疲れていたら寝相が悪くなる
など様々な悪影響が出る場合が多いようです。
あなた自身はどうでしょうか?
対策としては、もし肉体だけが疲れている場合は
本を読むなど知識を入れたり、頭を使うような習慣を
取り入れる。

 

あなたの睡眠効率を本質的短眠メソッド

 

精神だけが疲れている場合はストレッチや
散歩など軽い運動をして体を少しでも使う
習慣を取り入れる。
シンプルですが、これだけでも睡眠の質を
大きくアップする事ができます。
肉体だけが疲れている場合には知識やスキルを
ついでに身につける事ができますし、頭だけが
疲れている場合には健康も手に入れる事ができる。
一石二鳥と言えるわけです。
寝つきが悪い、眠りが浅い、寝起きがダルい
といった場合は大抵この『疲労のバランス』が
崩れています。

 

肉体的要因には『疲労』だけではなく実は他にも
食事など健康面もありますが、これらは現実に
お金がかかるものです。
余裕がある場合にはぜひ意識してもらいたい
事ではありますが、継続が難しい上にお金が
かかりますので最初に意識すべき内容では
ないと私は思っています。

 

なので、まずは体と脳の疲労のバランスについて
意識してみて下さい。
他の要因はさておいても、これだけは必ず
普段から気をつけるようにして欲しいと思います。

環境的要因

環境的要因は、効率の良い睡眠をするために
必要な『環境作り』の話になります。
一言で言えば睡眠を阻害する
要因を排除するという事です。
とりあえず、簡単にできるところからご紹介します。

 

1. 周囲を暗くする
睡眠時に周囲を真っ暗にする必要があります。
月明かりのようなほの明るい程度の明るさ
であれば問題ありませんが、街灯や建物の
明かりが見えるようであれば遮断する必要があります。
暗い環境を作る事で、メラトニンというホルモンが
分泌されます。

 

あなたの睡眠効率を本質的短眠メソッド

 

メラトニンは睡眠を促すホルモンです。
明る過ぎるとメラトニンは分泌されず、あなたの
脳に不要なストレスがかかってしまいます。
結果的に脳が老化するスピードが早まり、
その他様々な病気の原因にもなります。
なのでまずは寝る時には周囲を真っ暗にして
寝る事をお勧めします。
(遮光カーテンなどを用意して暗くする環境を
作っておくのもお勧めです)

 

あなたの睡眠効率を本質的短眠メソッド

 

他の環境としては、こちらはお金がかかるので
すぐには難しいと思いますが『寝具』を変える事です。
人それぞれ体に合った寝具のタイプは違いますが、
寝具が体に合っているだけでも睡眠時間が短くなる
ケースは数多くあります。
私が聞いたお勧めは『エアウィーヴ』というもの
ですが、これは値段がかなり高いです。
ただ、長時間睡眠が必要な体質の人
(ロングスリーパー)でも6時間で朝スッキリ
と目覚められると聞きました。
資金に余裕がある場合は試してみるのも
良いと思います。

お気に入り

 

 

 

 

© Copyright 2016 あなたの睡眠効率を本質的短眠メソッドAll Rights Reserved.